読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなふAC:低身長が恋愛において「勝つ」方法の思索

こんばんは。

卒論提出日7日前の私です。

いなふACのアレを一日過ぎてしまいました。現在もゼミ中です。

 

いなふ(@made_up_123)についてです。

彼が「24日までに彼女を作る」という宣言をし、その記録と進捗促進のためにこのいなふACが作られました。

qiita.com

これらの経緯から、いなふACに投稿される記事内で彼は大変褒められています。

これは大変良いことですが、一方で人柄を語る際に欠点の一切を排除するというのは、語りを聞いて彼の人柄を判断したい人に対していささか不誠実なのではないか、と感じます。

 

そこで今回の記事ではあえて彼の欠点を語ろうと思います。その上で、その欠点を補うため彼がとるべき方法の思索と提案を行いたいと考えます。

 

いなふを見る上で挙げられる主な欠点は、「うるさい」、「小さい」の二点に集約されます。

まず、「うるさい」に対してですが、恋愛関係に置かれたときの人の挙動は普段と大きく異なることが多々ありますので、現時点で「恋愛関係に置かれたいなふ」を見たことがない私たちはこれが彼の欠点になりうるかの判断ができません。よって、今回は「うるさい」という欠点は、「いなふは彼女の前では静かに出来る男だ」という希望的観測をもって解消したいと思います。

 

次に「小さい」です。これは、いなふの身体的特徴を指します。これはたとえ恋愛関係における挙動の変化をもってしても解決が望めない変数となります。

本研究では、この「小さい」という欠点を解決すべき一番の欠点として、この問題への対応策を思索したいと考えます。

「小さい」男性はいなふ以外にも多くおられると思われますので、この記事を読んでぜひ参考にしていただきたいです。

 

1.「小さい」ことは問題か?

  この問題に際し、必ず出てくるであろう疑問です。特に男性はこういいたくなるでしょう。「身長などが恋愛において影響力を持つのか?」

 持ちます。

 確かに、「私は身長なんか全然気にしないよ~」という女性は多く存在します。ですが、たいていの場合そういう女性は身長が155㎝以下です。身長155㎝の女性に恋愛対象を絞ればよい、というのも一つの解決法ですが、これでは恋愛を始めるための前提条件として、対象の多くが除外されることになります。これは「彼女を作る」という目標の実現可能性を大幅に下げることにつながります。

 また、身長155㎝以上の女性であってもそのような発言をすることがあります。これを嘘だと断定することはできませんが、「身長が低い男性を前にした気遣い」が含まれていることは大いにあり得ます。よって、「本当に身長なんかまったく気にしない女」というのを求めることはほとんど無理のように思えます。

 

2.身長の差を感じさせないために

 しかし、第二次性徴の終わった大学生の年代において、身長を伸ばすことはほとんど不可能になります。よって、対応策としては「この男は身長が低いな」と思うきっかけとなる「女性との身長の差」を感じさせないための動きをする、というのが一番の有効打になると思われます。ではどのような行動が、そういった「差を感じさせない行動」となるのでしょうか。

 ・背伸びして歩く

  ずっと背伸びしていてください。おそらく5~10cmは身長が高い状態で女性に認識してもらえます。たぶん筋肉もつきます。

 ・シークレットブーツをはく

  背伸びが嫌なら、シークレットブーツを履いて動きましょう。課金によって得られる安定した背丈です。

 ・座ることが中心のデートを

  映画等、座って過ごせる時間の長いデートを行いましょう。女性はヒールで足が疲れるので、まるで女性を気遣っているかのような印象を与えることもできます。

 ・ドライブデートを

  運転するとき、男性はとてもかっこよく見えます。座っているので身長差を感じさせることもなく、ひたすらにかっこいいあなたを演出できます。

 ・エスカレーターでは3段後ろに立つ

  エスカレーターで女性を気遣い後ろに立つ男性が良いとされていますが、うっかり一段下に立つと「あれ?普通の男なら目線が一緒くらいになるところなのにこいつは大分下になるな」と気づかれてしまいます。3段下に立って目線の差があたかもエスカレータのせいであるような顔をしましょう。

 

3.究極解

 前章からもわかるように、対応策は「立つときは身長のカサマシを」と「基本座れ」の二点が主な行動原理となります。これらすべてを含んだ究極の答えが、

 骨折

になります。皆さん骨折してください。

 骨折をすることによって、「車いすの使用」が可能となります。車いすは、移動中を含め生活の中で常に座ることが許されます。また、骨折した人間は立つとき必ず「前かがみの不自然な姿勢」をとります。このことによって 「前かがみだから身長が低く見えるだけである」といった、錯覚を利用した身長のカサマシが可能となります。

 低身長の皆さん、骨折してください。

 骨折する際は、両足骨折することをお勧めします。片足だと「松葉杖」を利用することになりかねません。低身長が松葉杖を利用すると、小人がでっかい木みたいなものに必死にしがみついてる感じになります。これはいただけません。

 また、骨折以外の理由で車いすとなると、「健康でない男性」としてとらえられてしまいます。健康でない、というのは女性が男性を動物としてのヒトとして評価するとき、「弱い」とされ恋愛においてかなりのディスアドバンテージとなります。

 骨折をした場合、「いつもは元気なんだけど今は弱っている男を看病する」ことによって生まれる恋愛のきっかけともなる同情心等をあおる作用も期待できます。

 

 みなさん、骨折してください。

 

以上、本研究では「骨折」を最も有効な手段として提案し、これを結論としたいと考えます。

※本記事は読者の骨折に対する一切の責任を負いません。

 

 追伸:シェイクスピア(1595)による戯曲「恋の骨折り損(原題:Love's Labour's Lost)」の存在が確認されました。

恋の骨折り損 - Wikipedia